マルチスズキ、昨年度は増収減益

インドの自動車最大手マルチ・スズキが25日発表した2018/19年度(18年4月~19年3月)決算は、売上高が前年度比6.3%増の8,302億6,500万ルピー(約1兆3,237億円)、純利益が2.9%減の750億600万ルピーだった。新車市場全体の減速に加え、コモディティー(一次産品)価格の上昇や…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総選挙の一斉開票の日が…(05/20)

技術で顧客の新規事業を創出 ITマヒンドラ、DXの担い手に(05/20)

中古携帯の輸入解禁、政府が方針転換(05/20)

印のタタ、年内にトラック7モデルを投入(05/20)

パナ、南部に初の住宅部材展示場を開設(05/20)

ヤマハ発、インドで二輪生産が累計1千万台(05/20)

タタ商社部門、トレーラー子会社を売却(05/20)

自動車部品スンダラム、米国に生産拠点(05/20)

電動二輪アザー、チェンナイで充電設備拡充(05/20)

二輪バジャジ、販売好調で昨年度は最高益(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン