マルチスズキ、昨年度は増収減益

インドの自動車最大手マルチ・スズキが25日発表した2018/19年度(18年4月~19年3月)決算は、売上高が前年度比6.3%増の8,302億6,500万ルピー(約1兆3,237億円)、純利益が2.9%減の750億600万ルピーだった。新車市場全体の減速に加え、コモディティー(一次産品)価格の上昇や…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

テイクオフ:インドではヒンズー教徒…(11/11)

富士電機がインド事業拡大 5年で売上倍増、製造ハブに(11/11)

地場と中国勢、西部プネに電気バス工場を設置(11/11)

和碩が投資拡大へ、越・印に工場計画(11/11)

マヒンドラ、7~9月は8割減益(11/11)

ヒーローが海外販売を強化、1割に拡大(11/11)

ヤマハ発が初のBS6適合車、今月発売(11/11)

みずほ銀、日印スタートアップ連携支援を強化(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン