宝鋼、第1四半期決算は45.7%減益

上海市に本拠を置く中国最大の鉄鋼メーカー、中国宝武鋼鉄集団(宝武集団)傘下で、上海上場の宝山鋼鉄(宝鋼)が発表した2019年第1四半期(1~3月)決算は、純利益が前年同期比45.7%減の27億2,600万元(約453億6,500万円)、売上高は3.1%減の653億7,800万元だった。 新車販…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易摩擦の激化、地場企業にも打撃(13:21)

一帯一路が経済関係を強化=副首相(13:24)

中緬経済回廊の事務所、ネピドーに開所(15:09)

肇慶市、香港人向け居住区を整備へ(13:10)

建国70周年、祝賀の宣伝活動を展開(12:54)

比中連合のLNG基地建設、予定地決まらず(12:08)

テイクオフ:中国には、伝統的な街並…(05/20)

プラごみ輸入の禁止を計画 各国の規制導入で輸入量は3倍超(05/20)

華為、米ブラックリスト入り 日本法人含む関連68社も(05/20)

TPK、JDIへの投資案件「話し合い中」(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン