宝鋼、第1四半期決算は45.7%減益

上海市に本拠を置く中国最大の鉄鋼メーカー、中国宝武鋼鉄集団(宝武集団)傘下で、上海上場の宝山鋼鉄(宝鋼)が発表した2019年第1四半期(1~3月)決算は、純利益が前年同期比45.7%減の27億2,600万元(約453億6,500万円)、売上高は3.1%減の653億7,800万元だった。 新車販…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国人の不動産購入、金額ベースで全体の12%(18:04)

バス製造TMS、新工場に13億円投資(18:52)

銀行の不良債権比率、9月末は1.86%(19:16)

テイクオフ:景気減速の逆風も何のそ…(11/13)

空港数、過去10年で1.5倍 238カ所に増加、利用者は3倍に(11/13)

「双十一」当日の取引額、アリババは4兆円(11/13)

「双十一」の宅配量、5億件超で記録更新(11/13)

中国長城汽車、インド法人をグルガオンに設立(11/13)

ホアビン建設、南部で不動産開発2件を受注(11/13)

習氏「相互利益の成功例」、買収の港湾視察(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン