• 印刷する

トライアンフ、8月に中古車市場に参入

英国の高級二輪車メーカー、トライアンフ・モーターサイクルは、8月にインドの中古二輪車市場に参入する。新車よりも割安な価格で販売することで、若い世代の需要を取り込む狙い。エコノミック・タイムズ(電子版)が24日に伝えた。

インドにおけるトライアンフの二輪車の販売価格は80万ルピー(約128万円)程度から。同国事業のゼネラルマネジャーを務めるショエブ・ファルーク氏は、中古車ではエントリーモデルの価格を50万ルピー程度に抑えることができるとの認識を示した。

インドにおけるトライアンフ購入者の平均年齢は37歳。世界平均と比べて4歳低いという。

トライアンフは2013年にインド市場に参入し、新車販売台数は累計で約6,000台。タイから完成車を輸入するほか、ノックダウン(KD)部品を北部マネサールの工場で組み立て、全国16カ所のディーラーを通じて販売している。向こう2年以内に4カ所にディーラーを新設する計画だ。

インドの中古二輪車市場を巡る海外メーカーの動きでは、イタリアのドゥカティが昨年12月に参入を発表したほか、米ハーレーダビッドソンも参入意向を表明している。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日見たヒンディー語映…(10/16)

住宅購入で年齢層が低下 35~45歳が主軸、日系も商機探る(10/16)

NEC、西部スマート都市向けシステム受注(10/16)

5G入札は来年3月末までに実施=通信相(10/16)

5Gの運用、GDPを最大0.5%押し上げ(10/16)

アップル、鴻海の工場でスマホ生産開始(10/16)

印M&M社長が訪韓、双竜自の再建策提示も(10/16)

ITビルラ、米医療器具と2.4億ドルの契約(10/16)

起亜自の第2弾モデルはMPV、来年2月発売(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン