• 印刷する

日本コーンスターチ、タイ企業の株式売却

コーンスターチの製造・販売などを手掛ける日本コーンスターチ(東京都港区)は24日、タイでタピオカスターチの加工でんぷんを製造・販売するタピオカ・デベロップメント・コーポレーションの株式33.33%をタイの食品製造大手タイワーに売却した。

タイワーによるタイ証券取引所(SET)への報告によると、売却額は2億2,000万バーツ(約7億6,700万円)。タイワーがほぼ全額を出資するタイワー・バイオパワーに譲渡した。これにより、タイワーのタピオカ・デベロップメントへの出資比率は従来の66.66%から99.99%に高まった。

タイワーは、加工でん粉の生産・販売事業を拡大することで、高付加価値製品の収益性を高める方針。タピオカ・デベロップメントをほぼ完全傘下に収めることで、タピオカスターチ市場の拡大を推進し、持続可能な成長につなげる。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料金融

その他記事

すべての文頭を開く

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

テイクオフ:海外で亡命生活を送るカ…(11/13)

マツダ、SUV「CX―8」を投入(11/13)

エネ統制委、来年4月まで電気料金据え置き(11/13)

共有オフィスIWG、フランチャイズ展開へ(11/13)

ゴールデンランド、新たな複合施設を開発へ(11/13)

SCGとマヒドン大、共同でポリマー開発(11/13)

在タイ大使館職員を告発、出稼ぎ認可で収賄(11/13)

PTTEP、5カ年投資計画を来月発表(11/13)

ホームプロ、中部配送センター強化に72億円(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン