• 印刷する

アリババ馬会長が香港に提言、議員訪問で

中国電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)の馬雲(ジャック・マー)会長はこのほど、香港はスマートシティー化に向け、統治のデジタル化とデータの公開を推し進めるべきだとの考えを示した。25日付サウスチャイナ・モーニングポストなどが伝えた。

香港の立法会(議会)議員と政府高官で構成する代表団は24日、浙江省杭州市にあるアリババの本社を訪問。親中派の財界政党、自由党の鍾国斌(フェリックス・チョン)議員によると、馬会長は会談の中でビッグデータの重要性を強調し、香港は使えるデータをたくさん持っているにもかかわらず、活用できていないと指摘したという。また、香港の国際的地位がぼやけてきているとの見方を示し、“単なる中国本土の一都市”にならないよう注意を促した。

葛珮帆(エリザベス・クワット)議員によると、馬会長は立法会に対し、イノベーション・テクノロジーに重点を置く電子政府の構築を政府に求めるよう呼び掛けた。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

肇慶市、香港人向け居住区を整備へ(13:10)

ハノイにサンリオ屋内遊園地 東南アジア最大、21年に開業へ(05/20)

テイクオフ:香港政府が国際文化芸術…(05/20)

1QのGDP成長率0.6% 約10年ぶりの低さ、成長予測維持(05/20)

長和・李会長、「貿易戦の影響は軽微」(05/20)

20年の公休日、3連休以上は6回(05/20)

初の競争条例違反、14社に認定(05/20)

空港第3滑走路用の砂、広東省から調達へ(05/20)

徳昌電機が生産移管検討、貿易摩擦受け(05/20)

中原の中古住宅指数、14週連続で上昇(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン