ヤゲオ、1Q純利益は6四半期ぶり低水準

受動デバイス台湾最大手の国巨(ヤゲオ)が24日に発表した第1四半期(1~3月)の純利益は25億9,000万台湾元(約93億2,400万円)で、前年比39.2%減少し、6四半期ぶりの低水準となった。25日付工商時報が伝えた。 国巨によると、1~3月の売上高、粗利、営業利益、税引き後純…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米中摩擦の生産移管先、台湾は最も優良(13:37)

テイクオフ:台湾のECが急速に成長…(12/16)

11月の工作機械輸出17%減に 13カ月連続、通年2割減も(12/16)

英業達がマレーシアに新工場、20年2Q出荷(12/16)

日月光傘下の環旭、欧州EMSを子会社化(12/16)

明泰が仲キ株6割取得、相互補完へ(12/16)

中華電信、タイCATとスマート都市推進(12/16)

金融支援契約協議、台湾企業と合意=JDI(12/16)

旺旺集団、ベトナムに食品工場建設(12/16)

桃園空港に新商業施設、展望台やホテルも(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン