定年・再雇用年齢、労組が65・70歳を提示

シンガポール最大の労働団体である全国労働組合会議(NTUC)が、法定定年年齢と再雇用によって働き続けられる年齢の上限をそれぞれ65歳、70歳に引き上げる方向で、人材開発省(MOM)、シンガポール全国経営者連盟(SNEF)と協議していることが明らかになった。 ウン・…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

手技整体「平松式」が海外1号店 健康維持に貢献、人材育成も視野(16:31)

船舶登録システム、ブロックチェーン活用へ(15:24)

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(14:22)

香港の資金を呼び込み、規制緩和へ=金管会(12:39)

太陽光REC、生産能力を5割増強(16:04)

テイクオフ:小さな都市国家であるシ…(10/15)

テイクオフ:クアラルンプール北郊に…(10/15)

リセッション回避も経済低迷 3Q成長率0.1%、金融緩和実施(10/15)

不動産投資、東南アにシフト=香港不安で(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン