• 印刷する

ホワイトカラー求人、1Qは19%増=JAC

人材紹介大手のジェイエイシー(JAC)リクルートメントは25日、2019年第1四半期(1~3月)のアジア各国のホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。ベトナムの同期のホワイトカラー求人数は、前年同期比19%増加した。前期(2018年10~12月)比では1%減だった。

同社ベトナム法人のディレクター、レ・トゥイ・ユー・ウィン氏は、米中貿易摩擦の影響による中国からベトナムへの生産・販売拠点の移転の動きが、縫製業を中心に起きていると指摘。日系を含む外資企業による採用が活発化しており、とくに生産拠点の工場長や統括拠点の責任者などハイスキル人材の求人が増加していると説明した。

日系企業への転職希望者の動向としては、これまではベンチャー企業の新規立ち上げなどに興味を示す希望者が多かったものの、最近では企業規模や財務状況、福利厚生などを基準に企業を選ぶ「安定志向」の希望者が増えているという。また、内需型の企業を中心に、語学力よりも実務経験や専門的知見を持つ人材採用が活発なため、ビジネスレベルの日本語能力がなくても日系企業への就職や転職が可能な状況になっていると説明した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

【躍動する地方都市】モンカイ、国境貿易の玄関口 陸路の整備進み一帯一路に接続も(10/18)

ホンダ、タイ製「CB300R」を今月発売(10/18)

韓国カカオ、越でグラブ利用サービスを開始(10/18)

グラブ、バス予約サービスを試験的に開始(10/18)

SCIC、アンザン港社の53%株売却へ(10/18)

ACVへの国の出資率低減、計画見直しへ(10/18)

ゲアン省、南北高速鉄道に省内駅の追加提案(10/18)

ダナン、固形生活ごみ処分場の詳細計画承認(10/18)

HCM市建設局、社会住宅の供給増を提案(10/18)

地盤ネット、ダナンのドゥイタン大と提携(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン