• 印刷する

テイクオフ:髪型にこだわりがなく、…

髪型にこだわりがなく、日本ではいつも格安店の理容師に任せていた身にとって、カット方法を細かく尋ねてくる近所の美容室は鬼門と言わざるを得ない。先日は新たな難敵、シニアスタイリストなる人物が登場。1年以上通い、ようやく慣れてきたスタッフの昼食時に訪れてしまったようだ。

レジ係が告げた特別料金は普段より500円ほど高め。「整える程度なのでいつもの人で……」とのこちらの言葉をさえぎるように、シニアの風格を漂わせる男性がお付きのスタッフに何やら指示を飛ばし始める。バリカンなどを全て準備させた後、カットを開始。途中の確認もなく一気に切り終えると、満足げな表情でほほえんできた。

店を代表する人に担当してもらい光栄だったが、仕上がりはあまり代わり映えしない印象。少し刈り上げすぎな点も同じだ。もう昼時は避けようと胸に誓いつつ、疲れた体で店を後にした。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドに到着してはや3…(05/22)

現代自「ベニュー」世界初投入 小型SUVの需要取り込み(05/22)

マルチ・スズキを調査、値引き制限の疑い(05/22)

タタ決算、JLR不振で2882億ルピーの赤字(05/22)

車部品メーカー、ロイヤルを特許侵害で提訴(05/22)

商用車アショク、テスラとの協業に前向き(05/22)

自賠責保険料、当局が引き上げを提案(05/22)

双日、ベンガルールに新規事業開発拠点(05/22)

複合リライアンス、売上高でも国内首位に(05/22)

キログラム再定義の国際決議、インドが採択(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン