工作機械受注5.1%減、中国経済減速で=18年度

【共同】日本工作機械工業会が23日発表した国内工作機械メーカーの2018年度の総受注額は、前年度比5.1%減の1兆6,891億円だった。中国経済の減速で受注が落ち込んだことが影響した。マイナスは2年ぶりで、過去最高額だった前年度から失速した。 外需(輸出)は9.8%減の9,857億…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: 電機その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

南部国際港、民間主導で刷新 上組など株取得、JICAは覚書(05/27)

【書籍ランキング】5月9日~5月15日(05/27)

ホンダ、四輪販売3万台超え 新モデル投入で過去最高更新狙う(05/27)

【ASEAN戦略を聞く】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

物流ビジネスを総合サポート 日野マレーシア・内山社長に聞く(05/27)

英国で「合意なき離脱」の可能性高まる ジェトロがセミナー(05/27)

西ジャワ水力発電を商業運転 関西電力、海外初の自主開発(05/27)

ヤマハ発、二輪車年産能力を80万台に倍増(05/27)

米中貿易戦争、米国からの視点を解説(05/27)

4月の新車販売、8.7%増の8.6万台(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン