工作機械受注5.1%減、中国経済減速で=18年度

【共同】日本工作機械工業会が23日発表した国内工作機械メーカーの2018年度の総受注額は、前年度比5.1%減の1兆6,891億円だった。中国経済の減速で受注が落ち込んだことが影響した。マイナスは2年ぶりで、過去最高額だった前年度から失速した。 外需(輸出)は9.8%減の9,857億…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: 電機その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

水道事業改善の協力を拡大 福岡市、インフラ整備加速へ支援(12/09)

【書籍ランキング】11月21日~11月27日(12/09)

テイクオフ:中村哲医師が亡くなった…(12/09)

ツタヤブック、来年高雄進出 南港店オープン、さらに増設も(12/09)

次世代産業創出や経済変革狙う 政府、先端製造業の振興注力で(12/09)

中国11月新車販売、日系3社好調も日産苦戦(12/09)

北部パンジャブが投資呼掛け 低賃金など売り、日本向け団地も(12/09)

19年選挙の副作用、国論二分 本名純教授が2期政権の動向分析(12/09)

ユニクロ越1号店オープン、1000人が行列(12/09)

丸紅のコンソ、豪鉄道事業受注 NSW州シドニーでPPP事業権(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン