• 印刷する

ジェットエア、7カ月で操縦士410人離職

運航停止中のインドの民間航空大手ジェット・エアウェイズの操縦士410人が、今年3月までの7カ月間に離職していたことが分かった。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が23日に伝えた。

同社の労働組合、全国航空職員組合(NAG)が組合員への文書で明らかにした。残留している操縦士は1,527人という。

ジェットは資金難のため、18日から全便の運航を停止している。国営インド・ステイト銀行(SBI)を中心とする融資団は出資者探しに乗り出している。

出資者探しの結果は5月半ばまでに判明する。ジェットの経営陣は、人材を含めて自社の価値が残っているうちに出資を受けたい考え。出資者が現れなかった場合、破産手続きが適用される可能性がある。

ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)によると、ジェットの主要な発着枠は他社に割り当てられた。ただ、民間航空省は23日、「発着枠の割り当ては旅客の不都合を軽減するための一時的な対応」と説明。ジェットが運航を再開すれば、発着枠は元に戻すという。


関連国・地域: インド
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総選挙の開票を前に、周…(05/21)

株価指数、過去最高値を更新 与党勝利の出口調査を好感(05/21)

選挙のネット広告費5億ルピー、BJP最多(05/21)

オリックス、IL&FSの風力事業を掌握へ(05/21)

125cc以上の二輪車販売拡大、大手が注力(05/21)

現代自、全車種対象に5都市でリース開始へ(05/21)

アショク、セネガルで小型バス400台受注(05/21)

再エネ利用の発電所、タミルナドが入札休止(05/21)

インド大手、HCM市にITセンター設立へ(05/21)

発電事業者、輸入石炭の二重課税解消を要請(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン