• 印刷する

みずほ銀、商務省投資促進事務局と業務協力

みずほ銀行と中国現地法人のみずほ銀行(中国)は24日、中国商務省投資促進事務局と業務協力の覚書に調印した。みずほ銀の発表によると、同局と業務協力覚書を交わした外資系金融機関は同行が初めて。

投資促進事務局は2003年の設置。中国の外資導入や中国企業の海外進出に関連する政策の推進を任務としており、外資企業の誘致や中国企業の海外投資の支援を手掛けている。

みずほ銀は覚書調印を機に、投資促進事務局と連携し、日中企業の投資や業務提携、医療・ハイテク関連といった産業に関する情報共有、また投資促進イベントなどの共催を手掛けていくと説明。これにより両国企業の提携促進と中国に投資・進出する日系企業への支援体制をより一層強化するとした。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米中摩擦を企業誘致の機会に、FEFが要請(15:14)

家具の敏華、米向け生産をベトナムに移管(18:36)

華為、豪・NZへのグーグル問題の影響否定(19:08)

高速道路の料金所削減、国務院が具体策(19:14)

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

米企業に出荷停止広がる、華為禁輸措置で(05/22)

テイクオフ:枇杷(ビワ)が旬を迎え…(05/22)

米追加関税、5800億元に影響 IT製品生産額、華為も追い打ち(05/22)

成長率上限、2.5%に下方修正 米中貿易戦争の下振れリスク懸念(05/22)

米排除に強気姿勢、華為CEO(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン