• 印刷する

テイクオフ:タイのビーチへ旅行を計…

タイのビーチへ旅行を計画している人は、南部の島にあるマヤ湾が環境保全のために昨年閉鎖されたことを聞いて残念に思うかもしれない。だが、あまりに多くの外国人旅行者が訪れ、プラスチックごみが投棄されるなどサンゴ礁が破壊されたと聞いたらどうだろうか。

全ての旅行者のマナーが悪いわけではなく、旅行者だけのせいでもない。南部のリペ島に行ったとき、タイ人のボードの船頭が発砲スチロールの食品容器を海に捨てていたからだ。こうした習慣が続くと、タイにとっての観光業は有益どころか環境破壊を助長する。

ただ、政府は2022年までにレジ袋の廃止と27年までのプラごみのリサイクル計画を発表。こうした動きは大歓迎だ。さらに言えば、特定のビーチでは1日に訪れる人の数を制限するといった規制もすべきだろう。タイの美しい自然が持続する助けになるはずだ。(ポ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電車に乗っていたら、車…(10/16)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

日立が昇降機の子会社、事業を本格化(10/16)

融資規制が打撃、実需に注力 タイ不動産市場の最新展望(上)(10/16)

メガシティー、ホテル・オフィスの開発推進(10/16)

新たな土地評価額の適用、21年まで延期(10/16)

不動産ナワラット、中国合弁とビル建設(10/16)

空港高速鉄道、契約に用地収用への対応追加(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン