首都政府、土地建物税免除の優遇措置撤廃へ

インドネシアの首都ジャカルタ特別州は、不動産課税評価額(NJOP)が10億ルピア(約792万円)以下の住宅の土地建物税(PBB)を免除する優遇措置を今年12月31日で廃止する。州知事令を改定した。州議会からは優遇措置の継続を求める声が上がっている。24日付地元各紙が伝えた…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大学生の娘に、手持ちの…(12/09)

19年選挙の副作用、国論二分 本名純教授が2期政権の動向分析(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

ガルーダ航空、社長代行にフアド取締役(12/09)

パティンバン港周辺開発の調査、日本に依頼(12/09)

首都の第2外環状道路、一部区間が完成(12/09)

石化大手、ポリエチレン工場を開所(12/09)

旭化成、結晶セルロースのハラル認証を取得(12/09)

ソロの空港鉄道が20日に開業=空港運営会社(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン