• 印刷する

テイクオフ:1週間分の食材を両手に…

1週間分の食材を両手にタクシーに乗り込むと、困った顔をした運転手に降りてほしいと言われた。理由を聞くと、配車アプリで呼ばれたタクシーらしい。やっと捕まえたと思ったのに同じ経験は今回で2度目だ。

近所のモールでは、乗り場に並ぶ人たちをタクシーが素通りし、ベンチに座っている若者の前に停車した。いっこうに短くならない列には重そうな荷物を持つおばあさんも並んでいるのに。雨が降ると配車アプリでタクシーを呼ぶ人が多く、ますますタクシーが捕まえにくくなる。

厳しい競争にさらされているこの業界では、配車アプリはタクシー会社にとって生き残るために欠かせないサービスとなっているが、乗り場が設置されているのであれば、並んでいる人に対して別のサービスが必要ではないか。そう思いつつも、試しに配車アプリをダウンロードしてみるのであった。(上)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国内最長の高架有料道が完成 第2チカンペック、近く供用(12/13)

いすゞが「トラガ」を輸出 初年度は6000台、3年20カ国視野(12/13)

ダイハツ11月小売り台数、前月比4%増加(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

ニッケル製錬所の建設数、22年目標の3割減(12/13)

石炭供給義務、来年は1.6億トンに引き上げ(12/13)

国営石油、国営3社とパイプライン敷設事業(12/13)

23年にEV用バッテリー生産開始へ=調整相(12/13)

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(12/13)

豪が不当廉売関税で敗訴、中国製品に波及か(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン