• 印刷する

政府、労働関係の7法を改正・強化へ検討

マレーシアの人的資源省は労働関係の7法を改正・強化する方向で検討している。24日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

改正が検討されているのは1955年制定の「雇用法」、同1959年の「労働組合法」、1957年の「産業化法」、さらに「1990年住宅・設備に関する最低基準法」「1994年職業安全・健康法」など。

M・クラセガラン人的資源相は、7月の国会で改正案を提出する方針を示し、「法改正は、労働者の権利と安全保障につながる」と説明した。

さらに、同省では家庭内労働者(メイド)を保護する法律の制定も検討しているが、「いまだ検討は初期段階」と話した。国内140万人の専業主婦を対象に社会保障機構(SOCSO)加入についても検討しており、「労働関係法の改正はその前段階となる」と語った。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:イスラム教のラマダン(…(05/27)

【ASEAN戦略を聞く】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

物流ビジネスを総合サポート 日野マレーシア・内山社長に聞く(05/27)

RM=26.1円、$=4.19RM(24日)(05/27)

JALとマレーシア航空、提携強化へ(05/27)

クダのラバーシティー、来年にも第1期完成(05/27)

UMW、20年には航空宇宙部門を黒字化(05/27)

KPS、製造業投資強化で買収継続意向(05/27)

手袋コッサン、新工場稼働で2桁増収へ(05/27)

鉄柱メストロン、IPO資金で工場拡張(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン