• 印刷する

カチン翡翠鉱山で地滑り、50人以上死亡か

ミャンマー北部カチン州パカン郡区の翡翠(ひすい)鉱山で22日深夜、地滑りが発生し、3人が死亡したほか、51人が行方不明になっている。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー、ミャンマー・タイムズ(電子版)などが伝えた。

パカン郡区選出のティン・ソー下院議員によると、地滑りは22日の午前0時近くに発生。採掘企業2社の労働者54人と、掘削機やトラックを含む計40台が土砂の下敷きになったもよう。同議員によると、地滑りに巻き込まれた労働者のほとんどは夜間シフトで働いていたトラックや機械の運転手だった。3人の遺体が回収された。現在も捜索が続いているという。

情報省によると、現場で採掘をしていたのは地場シュエ・ナガー・コーカウンとミャンマー・トゥラの2社。パカンの翡翠鉱山ではこれまでにも地滑りが多発しており、毎年多くの労働者が犠牲になっている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 天然資源社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ミャンマーのヤンゴン国…(12/09)

水道事業改善の協力を拡大 福岡市、インフラ整備加速へ支援(12/09)

ヤンゴンとの絆描く光点灯、福岡市が寄贈(12/09)

KBZ、三井住友海上と損保シェア拡大へ(12/09)

最低賃金、20年改定へ政労使が協議開始(12/09)

マグウェーに国内最大の太陽光ミニグリッド(12/09)

電力供給公社、20年までに5000村を電化へ(12/09)

香港系、大型複合開発に3.5億ドル投資(12/09)

携帯購入者に指紋登録義務化か、懸念広がる(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン