• 印刷する

テイクオフ:バットから放たれた白球…

バットから放たれた白球が空高く舞い上がる。たどり着く先は人っ子一人いない外野スタンド。先ごろ開幕した台湾プロ野球の中継を見ていると、ひと昔前のパ・リーグの試合を思い出す。内野席のセクシーなチアガールは話題性に富むが、全体の集客力はまだまだ成長途上だ。

一方、似たもの同士だったパ・リーグは今や休日にはどの球場もほぼ満員になる盛況ぶり。最大の要因は各球団が地方都市に移転して地域密着化を促進し、単なる野球好き以外に地元愛の強い人をファンに加えたことだろう。

残念ながらまだお色気に頼る台湾プロ野球だが、南部の人の北部への対抗心などを取り込んだ地域密着型球団を設立する下地はありそう。これらをうまく利用すれば、いつかホームランボールが観客で埋め尽くされたスタンドに吸い込まれるのではないか。そんな期待を抱いた球春の訪れだった。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:神を信じない罰当たりな…(12/09)

ツタヤブック、来年高雄進出 南港店オープン、さらに増設も(12/09)

TSMC、竹科のR&Dセンターは21年稼働(12/09)

鴻海の11月売上高、今年最高を更新(12/09)

鴻海の米投資計画、来年が最も重要=郭氏(12/09)

鴻海董事長、デジタル医療に商機見込む(12/09)

5G入札へ、専用周波数帯を決定(12/09)

仁宝が越で生産拡大、子会社に11億元増資(12/09)

台プラ4社の11月売上高、2社が今年最低(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン