コメ輸出、中国向け減で低迷 EU、アフリカ問題も逆風

ミャンマーの主要産品であるコメの輸出が低迷している。2018年4月~19年3月の輸出量は、前年同期を約34%下回る238万トンにとどまる見通しで、19年4月以降も低迷が予想されている。最大の仕向け先である中国への輸出減少が主要因だが、欧州連盟(EU)が緊急輸入制限(セーフガ…

関連国・地域: 中国ミャンマー欧州
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トヨタがティラワに工場 新車市場拡大で、年内にも着工(05/27)

【ASEAN戦略を聞く】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

ミャンマーで知財法が成立、模倣対策に寄与(05/27)

昨年10月~3月の対中貿易額、55.6億ドル(05/27)

ヤンゴン、雲南と上海への直接輸出を協議(05/27)

外国人へのスイカ農地の貸出、全国で禁止へ(05/27)

物流ノルディック、タイで拠点立ち上げ(05/27)

農地の目的外利用が1.8万件に、ヤンゴン(05/27)

贈賄なければ政府機関との取引は困難=調査(05/27)

ヤンゴン、CNG補給所の24時間稼働要請(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン