• 印刷する

現代商船、ロシア向け定期航路を新規就航

韓国海運大手の現代商船は5月、ロシア大手運送会社のFESCOと協力して釜山とロシア極東を結ぶ定期コンテナ航路2路線を新たに就航する。現代商船は現在、FESCOと仏海運大手CMA CGMの2社と共同で韓国と中国、ロシアの3カ国を結ぶ定期航路を運航している。中国を経由せず、韓国とロシアを直接つなぐ新規航路を通じて、ロシア向け輸送日数の大幅短縮を実現する。

現代商船とFESCOは来月11日と14日に、釜山港~ロシア・ボストチヌイ港路線、釜山港~同ウラジオストク港路線をそれぞれ新規就航する。現代商船はボストチヌイ港向けに1,000TEU(20フィートコンテナ換算)級のコンテナ船、FESCOは釜山港~同ウラジオストク港路線に1,200TEU級のコンテナ船をそれぞれ投入する。現代商船の広報担当者はNNAの取材に対し、「中国を経由しない路線を運航することで、釜山港からウラジオストク港への輸送のリードタイムが1週間短縮できるようになる」とコメントした。

また、中ロ韓を結ぶ既存の航路は、ウラジオストク港を出港したコンテナ船が釜山港に寄港せずに直接中国の青島港に向かうように変更する。コンテナ船はその後、上海港と寧波港を経由して、ウラジオストク港に帰港する。


関連国・地域: 中国韓国ロシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国はカフェ天国だ。街…(05/27)

隔週4日も、進む働き方改革 中小との格差拡大も(05/27)

在日韓国企業53%「悪影響」、日韓関係悪化(05/27)

サムスン電子副社長2人が逮捕、粉飾決算で(05/27)

2年目有給手当、企業負担に=労基法改正後(05/27)

公取委、中堅企業に「公正な経済」呼びかけ(05/27)

スマート工場化の中小企業、生産性30%向上(05/27)

韓国政府、ICT企業の越進出を積極支援(05/27)

「モビリティーに全力」、現代自の鄭副会長(05/27)

韓国IT企業が進出、システム構築提供へ(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン