• 印刷する

テイクオフ:「コップンカー」。タイ…

「コップンカー」。タイ正月(ソンクラーン)中に日本に一時帰国した際、東京では多くのタイ人を見かけた。銀座に今月オープンしたばかりの小売店の店内で、寿司店のカウンターで、駅の切符売り場で――。ここはタイかと思うほどに、馴染みの言葉が聞こえてきて思わず振り返ることが何度もあった。

ホテル予約のアゴダの調査では、今年のソンクラーン休暇中の旅行先の1位は東京で、この時期は地元に帰り親族と過ごすのが通例のタイで、外国が旅行先でトップになるは珍しいという。

日本政府観光局の訪日外客数統計では、2019年3月に日本を訪れたタイ人は14万7,400人だった。20カ月連続でプラス成長し、3月としては過去最高を記録した。仙台国際空港とバンコクの直行便再開も計画される中で、今後一層日本を訪れるタイ人が増えたらうれしい限りだ。(齋)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「この店にジャケットは…(12/12)

【変わるタイとの越境物流】悪路克服へ進むインフラ整備 「片荷」解消、製造業発展がカギ(12/12)

発電決算、15社中9社が減益 3Qは為替差損や水不足が影響(12/12)

西部ガス、来年にタイ事務所を開設へ(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

住宅購入代金の払い戻し策、登録受付開始(12/12)

車フィルムのハイクール、越で首位目指す(12/12)

物流ダーベル、系列外の新規顧客3社獲得(12/12)

共通乗車券の欧米規格対応、入札を検討(12/12)

南部メルギーで給水事業、7600万ドル規模(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン