IMF、カンボジア経済のリスク指摘

国際通貨基金(IMF)は、カンボジア経済のリスクとして、欧州連合(EU)の関税優遇措置の停止手続きの開始など外的要因を指摘している。プノンペン・ポスト(電子版)が23日伝えた。 IMFの調査団は、カンボジアでオウン・ポンモニラット財務経済相と会談。リスク要因とし…

関連国・地域: カンボジアインドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「この店にジャケットは…(12/12)

シアヌークビルで大型施設、5億米ドル投資(12/12)

シアヌークビル初の大型商業施設、9日開業(12/12)

LOLC、小口金融プラサックを売却へ(12/12)

中国向けマンゴー輸出解禁へ、最大市場に期待(12/12)

ジーンズの如興、子会社と海外資産を売却(12/12)

日本との貿易総額、1~10月は12%増(12/11)

シアヌークビルの運河、洪水対策で修復開始(12/11)

歯科医院パチェム、来年首都に2軒増設(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン