都心の住宅開発、開発業者と規模縮小で合意

マレーシアのカリド・サマド連邦直轄区相はこのほど、首都クアラルンプールにある公園「タマン・リンバ・キアラ」の一部で計画していた高層コンドミニアム建設事業の縮小を発表した。当初計画より敷地を35%縮小し、建物の高さも42~54階から29階に低くした。地域住民の反発を受け…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

ペトロナス株取得、サラワク州が検討姿勢(11:52)

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(12日)(12/13)

日本の40社が来年に業界参入へ、ハラル公社(12/13)

鉱工業生産指数、10月上昇率0.3%に減速(12/13)

製造業売上高、10月は2.2%増の746億リンギ(12/13)

サラワク州の小規模電力網、韓国企業と提携(12/13)

ランカウイ島へ海底送電線、国営電力が敷設(12/13)

メルセデス、SUV新モデルで販売増に期待(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン