• 印刷する

テイクオフ:最近住んでいる物件の持…

香港で住んでいる部屋の持ち主が最近変わった。契約は7月に切れる予定だが、更新してくれない恐れもあるので、次の部屋を探す活動を早々に始めた。

そして先日、家の近くで物件入居募集の広告を見つけた。ボロボロな段ボールに汚い字で書かれていた家賃は、400平方フィート(約37平方メートル)の広さでたった月8,800HKドル(約12万5,000円)。小さい1LDKでも1万8,000HKドルぐらいする現在の香港住宅市場では、とても魅力的に見える。早速連絡して内覧の予約を入れた。

部屋はビルの7階にあると電話で伝えてくれたが、実際に見に行ったところは8階だった。しかし、その8階は実は屋上であり、物件は恐らく違法建築のようだった。「家賃はまだ下げてもいいんだ」と、この「物件」の持ち主が笑顔で言う。家探しはもうしばらく続くだろうと心の中で密かにため息をついた。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電力2社、料金値上げへ 燃料費増受け、負担軽減措置も(12/12)

シアヌークビル初の大型商業施設、9日開業(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

本土客の保険契約、4Qは減少幅縮小へ(12/12)

AIA、財閥マックスと生命保険販売で提携(12/12)

本土の生保外資出資規制撤廃、AIAに商機(12/12)

香港株のパフォーマンス予測、中国株下回る(12/12)

各行が預金金利引き上げ、年越し需要に備え(12/12)

反発、本土保険銘柄に買い=香港株式(12/12)

不動産の印紙税収入、11月は前月比47%減(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン