• 印刷する

テイクオフ:最近住んでいる物件の持…

香港で住んでいる部屋の持ち主が最近変わった。契約は7月に切れる予定だが、更新してくれない恐れもあるので、次の部屋を探す活動を早々に始めた。

そして先日、家の近くで物件入居募集の広告を見つけた。ボロボロな段ボールに汚い字で書かれていた家賃は、400平方フィート(約37平方メートル)の広さでたった月8,800HKドル(約12万5,000円)。小さい1LDKでも1万8,000HKドルぐらいする現在の香港住宅市場では、とても魅力的に見える。早速連絡して内覧の予約を入れた。

部屋はビルの7階にあると電話で伝えてくれたが、実際に見に行ったところは8階だった。しかし、その8階は実は屋上であり、物件は恐らく違法建築のようだった。「家賃はまだ下げてもいいんだ」と、この「物件」の持ち主が笑顔で言う。家探しはもうしばらく続くだろうと心の中で密かにため息をついた。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

香港中小企業の未回収金、昨年133億ドルに(05/24)

4月のCPI上昇率2.9%、0.8P拡大(05/24)

マカオの格付け据え置き、ムーディーズ(05/24)

財務匯報局と財政省、監査で協力(05/24)

反落、IT関連銘柄で売り広がる=香港株式(05/24)

香港航空が希望退職募集、パイロット過剰で(05/24)

ランタオ人工島計画、香港島の渋滞悪化か(05/24)

中規模住宅の賃料、ASEAN都市で最下位(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン