• 印刷する

テイクオフ:亡くした子を記憶するた…

亡くした子を記憶するため、その人生を生きようとする親がいる。劇団「黄色いリボン」の構成員はそんなお母さんたちだ。劇団が描くのはコミカルで明るい韓国の一般家庭の物語だが、遺族を見る世間の偏見も語る。主人公の高校生の制服を着たお母さんたちは舞台でとても輝く。

2014年4月16日、修学旅行中の高校2年生を含む295人の死亡者を出したセウォル号沈没事件。つらい受験勉強の日々で、楽しみにしていた修学旅行の思い出は冷たい海の底へ沈んだ。子どもが無事戻るよう願いを込めた黄色いリボンは、5年が過ぎた今も港で寂しく風にはためく。

突然子どもを失った親はずっと、生きる意味をなくして絶望の日々を過ごしたという。だからこそ、お母さんたちは今日も舞台に立つのではないか。「忘れない思い」と「自分が生きる意味」を同時に満たすために。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ダイトーキスコの工場で火災(18:26)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

貿易協定、2国間に軸足 交渉自由度を優先、米などと(12/13)

韓国系LVMC、地場GMSの全株式を取得(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

対馬の韓国人客4割減、島内消費33億円減か(12/13)

韓国気象庁と協力、天気予報の精度改善へ(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

18年の創業企業92万社、3年連続最多に(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン