• 印刷する

テイクオフ:野菜や肉などの生鮮食品…

野菜や肉などの生鮮食品を中心とした、小規模業者が集まるマーケット「菜市場」。こちらに来た当初は雑多な雰囲気に尻込みしていたが、慣れてみると少ない量でも買えるので便利なほか、なんと言っても安いのが魅力だ。

しかし最近になり、最寄りの菜市場が閉鎖されてしまった。上海では再開発の一環か、このように菜市場や専門店が集まる雑居ビルが営業を終える例が目立つ。

一方で捨てる神あればなんとやら、近所に旧来の菜市場と電子決済などを融合させた新業態のマーケットがオープンした。野菜などを手にとって吟味し、量り売りで購入できることは従来と同じだが、レジで一括精算する点などが新しい。

新旧の市場を比較してみると、活気という点では雑多な旧市場の方に軍配が上がるような気もする。ただ、古いものを懐かしんでいるばかりでは、日々変化するこの町では暮らしていけまい。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

警備設備の関連業界に波紋 米の制裁懸念で、株価は急落(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

日本企業、華為向け製品への対応急ぐ(05/24)

首都西部の高速道建設、中国勢が過半受注へ(05/24)

華為への米制裁、長期的に好機との見方も(05/24)

ダム計画、他国により推進妨げ=中国大使(05/24)

シアヌークビル開発、深センの使節団が調査(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン