石炭発電の設備過剰が改善 新設規制を緩和、禁止は10地区に

中国で問題となっていた石炭火力発電の設備過剰が緩和に向かっている。政府がこのほど発表した石炭発電計画の「建設リスク警報」によると、新たな電源建設が当面禁止される省・自治区・直轄市は前年の21から10へと半減。多くの省区市で石炭発電の新規プロジェクトに対する規制が緩…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

警備設備の関連業界に波紋 米の制裁懸念で、株価は急落(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

日本企業、華為向け製品への対応急ぐ(05/24)

首都西部の高速道建設、中国勢が過半受注へ(05/24)

華為への米制裁、長期的に好機との見方も(05/24)

ダム計画、他国により推進妨げ=中国大使(05/24)

シアヌークビル開発、深センの使節団が調査(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン