• 印刷する

東京センチュリー、ヨマ系カーリースに出資

総合リース大手の東京センチュリーは22日、ミャンマー大手財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)傘下のヨマ・ストラテジック・ホールディングスの子会社で、オートリース・カーシェアリング事業を手掛けるヨマ・フリートに20%出資すると発表した。ヨマ・フリートが新規に発行する普通株式を2,660万米ドル(約30億円)で取得する。

東京センチュリーの出資により、ヨマ・ストラテジックの持株比率は80%に下がる。ヨマ・フリートは2014年設立で、ミャンマー11都市16カ所に拠点を展開し、車両1,100台余りを保有するオートリース、レンタル国内最大手の一角。

東京センチュリーは、海外で地場優良企業や金融機関などを事業パートナーとする、アライアンス戦略を推進している。同社のノンバンクとしてのノウハウなどと、ヨマ・フリートの顧客基盤や信用分析力を融合させ、ヨマ・フリートのさらなる成長を図る。ヨマ・フリートは19年3月末時点で4,000万米ドルの総資産を23年度には2億米ドルに引き上げることを目指している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

マグウェーの太陽光発電所、月内に一部稼働(05/24)

後発3カ国の対日輸出14%増 1~3月、品質・輸送改善が寄与(05/24)

サムスン、スマホ市場首位の維持に自信(05/24)

ダム計画、他国により推進妨げ=中国大使(05/24)

遺跡都市ミャウー、世界遺産に申請へ(05/24)

新年度から小学校の制服支給せず、予算不足(05/24)

バゴー、国連と英国支援の舗装道路が開通(05/24)

農業開発銀の幹部、収賄強要の容疑で起訴(05/24)

KDDIと住商がゲーム事業 2年でシェア1割目指す(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン