• 印刷する

テイクオフ:「上司の発案で、誕生日…

「上司の発案で、誕生日の日に出張から戻る社長を、社員が空港で出迎えたり、レストランで待ったりした。私はケーキを手配する係だった」。知人の台湾人女性が以前勤めていた会社の話だ。それ変でしょうと言うと、「当時はそれが普通だと思っていた」という。

経営者がハードワークにより一代で築き上げた企業が多い台湾。日本人も真っ青の働き方をしている企業も少なくない。また、社長の言動や嗜好までがそのまま企業の方針ともなるため、社員はその一挙一動に注目し、過剰なまでに反応することもある。

ただ、企業なら社員が納得してついていく側面もあるが、支持者ばかりではない政治ではどうか。総統選に出馬表明した郭台銘氏。まだ、何の政策も発表していない段階で支持率だけが伸びる状況を見ると、有権者には「もう少し冷静に見ようよ」と声を掛けたくなる。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾では5月20日に新…(05/22)

米追加関税、5800億元に影響 IT製品生産額、華為も追い打ち(05/22)

中華電信独立董事候補、AI研究の杜奕瑾氏選出(05/22)

4月のスマホ販売台数、前月比4.2%増(05/22)

台湾の旅行会社未払い、地元業者が支援要請(05/22)

中古車買い替え補助要求、車両委員会(05/22)

医療機器の台生材、6月にグレタイ上場(05/22)

嘉泥、中台で子会社売却など資産活性化(05/22)

公平会のセメント5社処分、業界団体が反発(05/22)

4月の訪日台湾人客数、2カ月ぶりマイナス成長(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン