• 印刷する

テイクオフ:ソウル・梨泰院にある「…

ソウル・梨泰院にある「パダ食堂」に足を運び、「ジョンスンタン」と呼ばれる同店の特製プデチゲを食べた。

プデチゲは、ハムやソーセージ、インスタント麺を野菜や豆腐と一緒に辛目のスープで煮込んだ鍋料理。プデは韓国語で「部隊」の意味で、朝鮮戦争当時に米軍から横流しされた食材をキムチチゲに入れて食べたのが始まりだと言われる。

ところが、ジョンスンタンは食べてみると、キムチチゲというよりは、野菜の煮込みスープのようなコクのある味わい。それまでインスタント麺をたっぷり入れて一種の麺料理のように食べていた当方としては軽いカルチャーショックを受けた。テレビドラマ「孤独のグルメ」の主人公、井之頭五郎氏風に言うと、これまで築き上げてきた「プデチゲ観」が完全にひっくり返されたというところか。「プデチゲ道、奥行き深し」。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3月末の家計負債、過去最大も増加幅は縮小(18:11)

OECD、19年の実質経済成長率を下方修正(18:10)

カーシェアのソカー、新サービスを開始(18:09)

テイクオフ:韓国で5月15日は「先…(05/22)

情報収集はユーチューブで 50代で視聴者増、サブスクも活気(05/22)

現代自「ベニュー」世界初投入 小型SUVの需要取り込み(05/22)

生産者物価指数、4月は0.6%上昇(05/22)

ビナコネックス、韓国の現代建設と提携(05/22)

社会的価値を測定し数値化、SKが実践へ(05/22)

韓国建設機械協会、越に研究施設を造成へ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン