• 印刷する

テイクオフ:不注意で頭をぶつけ、流…

不注意で頭をぶつけ、流血騒ぎになった。傷は小さかったが念のため一般開業医(GP)に行くことにした。医者は傷を見るなり「3針は縫うかな。CTスキャンも必要」と、まさかの所見。総合病院の救急科にすぐ行きなさい、と紹介状を書いてくれた。

早速、車を飛ばして、病院へ。救急なのに4時間ほど待った末、多民族国家のオーストラリアらしく、インド系の医師とベトナム系の看護師が傷の縫合とCT、おまけに破傷風の注射もしてくれた。CTを撮ったので治療費は300豪ドル(約2万3,900円)は下らないと覚悟していたが、意外にも無料だった。この時ばかりはメディケアに感謝して病院を後にした。

後日、抜糸の際にGPいわく「この縫合はきちんと傷をふさぐやり方じゃないね。これでふさがった君はラッキーだ」。太っ腹なメディケアはこの辺りで釣り合いが取れているのか。(康明)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国人の友人と思い出話…(12/12)

豪大手企、気候変動対策必須か 証券投資委が計画(12/12)

豪12月消費者マインド下落、下期通じ悲観的(12/12)

NSW州水規制、ガーデニング小売りに打撃(12/12)

〔オセアニアン事件簿〕豪東部州の山火事、120年間で最悪規模(12/12)

利回り最低のダメ退職年金を公表=監督庁(12/12)

豪競争委、金融機関のカルテル裁判で窮地に(12/12)

新システム導入の医療保険、苦情が倍増(12/12)

ライナス、マレー工場をWA州に移設(12/12)

石油精製ビバ、小売事業低迷で41%減益に(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン