花連地震で台北のビル2棟傾く、老朽化浮き彫り

18日に発生した台湾東部の花蓮県秀林郷を震源とするマグニチュード(M)6.1の地震の影響で、台北市内でも建物2棟が傾くなどの被害があった。いずれも築40年と老朽化が進んでいた。台湾各メディアが伝えた。 建物の傾斜が起きたのは、台北市中山区長安東路二段の「金林大廈」…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華圏で最大のEC販促…(11/12)

交通部がスマート化推進へ 物流園区のIT構築に420億元(11/12)

台商の和泰電子、マレーシアで生産拡大(11/12)

ノートPC受託5社、10月は英業達のみ増収(11/12)

アップル、PCBを台湾企業に緊急発注か(11/12)

凌華科技、スマート製造で米IBMと協業(11/12)

拡張に過去最大5千万リンギ、台湾系PIE(11/12)

台勝科、威盛のAI映像システム導入(11/12)

豊興鋼鉄の出荷量が過去最多、回帰需要で(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン