現代自、中国で低迷長期化 北京工場の稼働中断も

韓国の現代自動車が中国市場で販売不振にあえいでいる。今年1~3月期の新車販売台数は13万2,678台と、前年同期比で18.4%減少。2009年以来、10年ぶりの低水準となった。17年に中韓の関係が悪化して以降、低迷から抜け出せない。北京工場の一部稼働中断の検討に入るなど、大幅な戦…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンペイ、DANAとゴーペイと提携(15:08)

テイクオフ:買わない・売らない・行…(10/14)

韓国で電動キックボード加速 大企業が投資、米ライムも上陸(10/14)

双竜自がサウジで組み立て、年3万台目標(10/14)

対立長期化へ、輸出規制巡るWTO手続きで(10/14)

起亜のSUVセルトス、予約が5万台突破(10/14)

現代自、米ADAS企業に投資(10/14)

現代自が469万台リコール、エンジン欠陥で(10/14)

新ナンバーが追い打ち、日本車の不買運動(10/14)

中国の中型CUV、韓国で発売(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン