発電EGCOの韓国投資、年間利益77億円

タイの民間発電大手エレクトリシティー・ジェネレーティング(EGCO)は、今年1月に出資手続きを完了した韓国の発電所運営会社パジュ・エナジー・サービスからの利益が年間22億バーツ(約77億4,000万円)との見通しを示した。今後10年は同水準の安定した利益を確保できるとみて…

関連国・地域: 韓国タイ
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:4月の水掛け祭りと並ぶ…(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

ホンダ、「シビックハッチバック」新型投入(11/12)

BMW、ツーリングバイクの新モデル発表(11/12)

カーオブザイヤー2019、7車が最終候補に(11/12)

運輸で新8方針、配車アプリ合法化など(11/12)

エネルギー省、E20への移行は来年の年初に(11/12)

住宅ローンの拒否率、依然高い=協会(11/12)

メジャー、バンコクの複合施設開発を延期(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン