塩害対策で地下工事中断、ラオス中国鉄道

ラオスの首都ビエンチャンと中国国境を結ぶ「ラオス・中国鉄道(中老鉄路)」の敷設事業で、国境をまたぐ地下部分(友好トンネル)の掘削作業が約3カ月間、中断している。ラオス側で大型の岩塩鉱床が確認されたことを受け、線路など資材の塩害対策を講じているためだ。ビエンチャ…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス中銀、仮想通貨取引は「違法」と警鐘(05/23)

割賦ティティコン、二輪不振で目標引き下げ(05/23)

カシコン銀、ラオスで銀行代理店展開を計画(05/23)

首都空港、第2ターミナル建設を計画(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

高速道MPTC、ミャンマーなどの計画撤回(05/22)

パクセーで5S研修、日本が支援(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン