アフリカ輸出のコメが焼却処分、原因究明へ

西アフリカのコートジボワールで、1万8,000トンのミャンマー産のコメが食用に適さないという理由で焼却処分されたことが、現地報道で分かった。ミャンマー商業省とミャンマー・コメ連盟(MRF)は、詳細究明の調査に入る。電子メディアのイラワジなどが18日伝えた。 焼却された…

関連国・地域: ミャンマーアフリカ
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日系生損保6社が参入へ 後発市場の活性化けん引(05/22)

ミャンマー活性化へ、「みゃんこん」結成(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

鈴江コーポ、CFS倉庫を5倍に増強(05/22)

外銀にリテールも開放へ=中銀副総裁(05/22)

マンダレー、新たなガス火力発電所が稼働(05/22)

マグウェー管区、小規模製油所を建設へ(05/22)

高速道MPTC、ミャンマーなどの計画撤回(05/22)

ヤンゴン、電気スマートメーター導入を検討(05/22)

アフリカ3カ国と国交樹立へ、コンゴなど(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン