医療アプリのミャンケア、スパークスが出資

ミャンマーで医師と患者のマッチングアプリを運用する新興企業のミャンケア・テレメディシン(MyanCare Telemedicine)は、投資運用などのスパークス・グループ(東京都港区)から出資を受けた。シンガポールのニュースサイト、ディールストリート・アジアが17日伝えた。 ミャンケ…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(14:22)

18年度の縫製品原料輸入、19%増の23億ドル(14:24)

コメダ、タイとミャンマーに出店へ(10/15)

FPT、ミャンマーで銀行間送金システム(10/11)

ベトナム・ミャンマー激増、日本語教育機関(10/11)

中国への天然ガス輸出量、国内消費の4倍(10/10)

【縫製産業の未来】存在感増す中韓企業に危機感 マツオカ(下)貧しさ根付く産業(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン