政府、米議員に年50万ドルでロビー活動依頼

カンボジア政府が米国との関係改善を目的としたロビー活動を、米ワシントン州の上院議員が所有する企業に年間50万米ドル(約5,600万円)で依頼していたことが分かった。民主主義や人権の抑圧が指摘されるカンボジア政府を議員が支援することに、米国内外から批判が出ている。米国営…

関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

証取所の出来高950万株、過去最高を更新(20:06)

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

中銀、経済安定へリエル供給を継続(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

携帯加入1970万件に増加、通信当局(05/22)

台湾の旅行会社未払い、地元業者が支援要請(05/22)

農水省、輸出拡大へ検疫規制の理解促す(05/22)

福建省の軽工業団体がカンボジア訪問(05/22)

新興IT300社に急増 5年で6倍、資金調達など課題(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン