• 印刷する

マハティール首相、米誌の影響力ある100人に

マレーシアのマハティール首相(93)はこのほど、米誌タイムが選んだ「最も影響力がある人物100人」に選ばれた。

オンラインニュースサイト「サラワク・リポート」の編集者、クレア・ルーカッスル・ブラウン氏は同誌上で、マハティール首相を「恐ろしい老軍馬」などと形容し、昨年の総選挙勝利で政権交代を実現した経緯を紹介。「マハティール氏の選挙戦は多くの群衆を集めただけでなく、核心的価値観をよりどころとしたことで有権者の団結を生んだ」などと指摘した。

同氏はその上で「全体主義にほぼ傾きかけていたマレーシアに民主主義を取り戻した」と功績を評価した。

マハティール首相は今回、指導者部門でのトランプ米大統領、ニュージーランドのアーダン首相、イスラエルのネタニヤフ首相、パキスタンのカーン首相、中国の習近平国家主席らと並んで選ばれた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

マレー系ディーラー47店撤退 プロトン、中国資本で躍進の陰で(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

ブルーキャピタル、サバ州と土地の賃貸契約(12/06)

ジェイノベーションが新店舗(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

RM1=26.1円、$1=4.17RM(5日)(12/06)

低所得向け医療保険、カバー範囲の狭さ課題(12/06)

中国汽車零件、地場企業の買収計画中止(12/06)

製造業者連盟、ガス自由化の遅延を懸念(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン