• 印刷する

交通事故件数47%増、クメール正月期間

カンボジア交通警察・治安局によると、クメール正月期間の13~17日に発生した交通事故件数は134件となり、前年同期に比べ47%増加した。国営カンボジア通信が18日に伝えた。

交通事故による死亡者数は26%増の59人、負傷者数は66%増の238人だった。スピード超過、飲酒運転、追い越しなどが主な原因だった。

交通事故の発生を地域別に見ると、首都プノンペンが20件で多かった。ポーサットが12件、コンポンチュナンが6件などだった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南部国際港、民間主導で刷新 上組など株取得、JICAは覚書(05/27)

中国宝武鋼鉄、生産移管を検討(05/27)

野党不在の地方選、与党が圧勝へ(05/27)

フン・セン首相、29~31日に訪日(05/27)

アジア開銀、太陽光発電に760万ドル融資(05/27)

シアヌークビルの汚水処理場整備、計画承認(05/27)

首都住民のごみ不法投棄、罰金を検討(05/27)

地方開発銀、農家育成に200万ドル拠出(05/27)

10月に観光見本市、6千人が来場見込み(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン