トヨタの海外戦略、保護主義に翻弄

【共同】3月、トヨタ自動車の豊田章男社長は米ワシントンにいた。9年前、大規模リコール(無料の回収・修理)問題で批判が噴出し、米議会の公聴会で証言した地だ。今回は講演が目的だが、会社に危機が迫る中で乗り込む構図は共通する。 ■つながり 対日貿易の不均衡を問題視する…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

次世代産業創出や経済変革狙う 政府、先端製造業の振興注力で(12/06)

インサー、地場社とECで提携(12/06)

ユニクロ越1号店オープン、1000人が行列(12/06)

中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化(12/06)

テイクオフ:「注文した丼はまだか」…(12/06)

ホンダ二輪が模倣品対策 主体は部品、昨年度は5万個押収(12/06)

トヨタ販社が新アプリを発表 デジタル化拡大、非所有者も利用(12/06)

ユニクロがベトナムに1号店 市場の潜在性評価、独自商品も(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

イオン、ハノイ2号店がグランドオープン(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン