• 印刷する

アジアの通信環境、シンガポールが首位

家庭用光ファイバー通信(FTTH)技術の普及を目指す国際業界団体FTTH協会アジア太平洋支部(本部・シンガポール)が発表した、光ファイバーの普及と関わる通信環境を国ごとに比較する「スマート・ファイバー・シティー・ランキング」で、シンガポールがアジア太平洋地域の1位となった。

シンガポールは、光ファイバー網の整備で先行する国を集めた「チャンプス」部門で首位。2位の東京と3位のソウル(韓国)を上回る高評価だった。

シンガポールの光ファイバーの普及率は93%で、第4世代(4G)移動通信の導入率は100%を達成しているという。Wi―Fi(ワイファイ)スポット数も1万件で、スマート化が非常に進んでいることが評価された。

2位の東京と3位のソウルも、光ファイバーの普及率は90%以上だった。4位以降は、香港、釜山(韓国)、メルボルン(オーストラリア)だった。

「チャレンジャー」部門の1位には上海(中国)が選ばれた。市全体の9割以上で光ファイバー網が整備されているという。

2位は杭州(中国浙江省)、3位は武漢(同湖北省)だった。4位以下は、スランゴール州(マレーシア)、ジャカルタ(インドネシア)、ホーチミン(ベトナム)と、東南アジアの主要都市が続いた。

FTTH協会の代表は「今後はスマートグリッド(次世代電力網)などの導入も進んでいくだろう」と述べ、スマート化の進展に期待感を示した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

チャンギ空港利用者数、4月は3%増(05/24)

飲料F&N、タイのスターバックス買収(05/24)

リキッド、香港の銀通とQR決済で提携(05/24)

電力小売市場、自由化で5社が撤退(05/24)

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

ア太の運用資産残高、地場企業が上位独占(05/24)

共有オフィス普及速度、HCM市が世界41位(05/24)

4月のインフレ率0.8%、約2年ぶり高水準(05/24)

陸運大手、9月までに自動運転バス商用化(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン