• 印刷する

3月の訪日香港人は2桁減、連休のずれで

日本政府観光局(JNTO)が17日に発表した3月の訪日香港人は、前年同月比12.4%減の17万1,400人(推計値、以下同じ)だった。昨年3月末にあったイースター休暇が今年は4月となった影響を受けた。

旅行先として安価な中国本土行きのツアーなどが好評だったことも訪日数減につながった。

1~3月の合計は前年同期比5.5%減の50万5,000人だった。訪日人数ベースでは、中国、韓国、台湾に次いで4番目の多さ。ただし、アジア主要国の中では香港と韓国(2.4%減)のみがマイナス成長となっている。

3月の全体の訪日外国人は5.8%増の276万100人で、3月として過去最高を記録した。桜観賞などを目的に訪日需要が高まる春に向けて各市場で展開したプロモーションが奏功した。1~3月は5.7%増の805万3,700人だった。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

貿発局主催の展示会、下期はバイヤー2割減(15:38)

テイクオフ:子ども向けのクリスマス…(12/10)

不動産融資拡大に警戒も 銀行業界首脳、代替収益を模索(12/10)

本土とマカオの中銀、通貨スワップ協定締結(12/10)

小幅反落、中国の経済統計を嫌気=香港株式(12/10)

HSBC、スマホで口座開設=24時間対応(12/10)

住宅価格、市民46%が今後1年で下落と予測(12/10)

中小企業、九龍にバックアップオフィス検討(12/10)

郵儲銀、きょう上海証取にA株を上場(12/10)

週末住宅取引、新築は前週から4倍の150戸(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン