水の重金属含有を5分で測定、南洋大が開発

シンガポールの南洋工科大学(NTU)の研究チームが、水質検査を5分でできる、持ち運び可能な小型測定器を開発した。飲料水に重金属が含まれているかどうかを簡単に判定できるようになる。NTUは、同機器の商用化に向けて研究チームを法人化した。 重金属は含有濃度が低け…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

定年・再雇用年齢、労組が65・70歳を提示(19:30)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(16:21)

テイクオフ:普段はあまりジャンクフ…(04/25)

デジタル人材の育成に注力 金融職種、3分の1代替で(04/25)

1~4月のFDI、81%増の146億ドル(04/25)

農産物商社オラム、アフリカの製粉会社買収へ(04/25)

音楽配信スペースシャワー、地場企業に出資(04/25)

不動産パシフィック、アルミ建材事業を売却(04/25)

三菱地所、チャイナタウンの商業物件取得へ(04/25)

西部に鉄道試験センター、関連インフラ整備へ(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン