• 印刷する

テイクオフ:地下鉄駅へ大挙して流れ…

地下鉄駅へ大挙して流れ込む赤服の集団。広州のプロサッカーチーム「恒大」のサポーターたちだ。ホームスタジアムの最寄り駅が通勤ルートにあるため、残業帰りの駅や列車でたびたび鉢合わせてはその熱量に圧倒される。

サッカーといえば15年前、中国でアジアカップが初開催された。日本代表の試合はことごとく「完全アウェー」の状態となり、中国との決勝戦はスポーツイベントとは思えない厳戒態勢が敷かれていたのを思い出す。そのときの記憶から、中国のサッカーファンに囲まれると今でも少し緊張してしまうが、幸いにして恒大のサポーターは純粋にサッカーを楽しんでいる印象だ。

スター選手を多く擁する強豪チームだけに、観客が気分良く帰れるホームゲームが多いことも平和の要因かもしれない。今週末の試合でもぜひ、サポーターを喜ばせてほしい。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「事前に表示価格を引き…(11/12)

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

ネット通販「双十一」が盛況 アリババは16時間で3兆円超(11/12)

10月の新車販売4%減、16カ月連続で縮小(11/12)

今年の新車販売、14~15年の水準に(11/12)

アップル、PCBを台湾企業に緊急発注か(11/12)

消費で貧困支援を、中央15部門が呼び掛け(11/12)

中国の超富裕層325人、ロシア抜き世界2位(11/12)

中国フィンテックABC、国際事業本部を開設(11/12)

1~9月の金消費量、9.6%減の768トン(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン