• 印刷する

18年の上場企業の役員報酬、国巨がトップ

台湾株式市場の集中市場である台湾証券交易所(証交所、TWSE)がまとめた2018年度の上場企業の董事(取締役に相当)1人当たりの年間報酬を比較したところ、受動デバイス台湾最大手の国巨(ヤゲオ)が首位だった。同社の平均年間報酬は前年比5.3倍の1億1,423万台湾元(約4億1,000万円)で、17年度の9位から順位を大きく上げた。16日付工商時報などが伝えた。

2位は金融持ち株大手の中国信託金融控股(CTBCフィナンシャル・ホールディング、中信金)で、平均年間報酬は7,370万1,000元。3位以下は、◇ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)◇機械部品大手の上銀科技(ハイウィン・テクノロジー)◇食品台湾大手の統一企業(ユニプレジデント)◇光学デバイス大手の大立光電(ラーガン・プレシジョン)◇受動部品大手の華新科技(ウォルシン・テクノロジー)◇金融持ち株大手の台新金融控股(タイシン・ホールディングス)◇富邦金融控股(フボン・フィナンシャル・ホールディングス)◇元大金融控股(ユアンタ・フィナンシャル・ホールディングス)――だった。

18年度に業績が好調だった受動部品業界から2社がランクインした。17年度との比較では、国巨は9位から1位に、華新科が98位から7位といずれも大きく順位を上げた。

金融持ち株会社は4社がトップ10に入った。一方、17年度に6,651万8,000元で首位だった中信金は、7,370万1,000元と前年比10.8%増えたが、2位に後退した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

台湾でポイント決済サービス、ハナ金融(16:13)

「国と認めず」、圧力にめげず 看見カンボジア(3)中国に乗れ(04/26)

中華電信、音声アシストプラットフォーム開発(04/26)

中華映管、子会社保有の大同株全て売却(04/26)

樺漢、スイスのアマノックスを完全子会社化(04/26)

ヤゲオ、1Q純利益は6四半期ぶり低水準(04/26)

UMC、1Qは営業外利益計上で黒字転換(04/26)

ジェイフロンティア、台湾法人を設立(04/26)

杏輝医薬、ダイトの脂質異常症治療薬独占販売へ(04/26)

セメントで共同値上げ認定、公平会が5社処分(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン