• 印刷する

UOBが100人増員、大湾区構想にらみ

シンガポール金融大手のユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)の葉楊詩明・中華圏担当最高経営責任者(CEO)はこのほど、広東省、香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」の推進を受け、人員を100人増やすと明らかにした。企業の間で高まる大湾区での資金需要をにらんで、顧客の受け入れ態勢を整える。香港経済日報が伝えた。

新たに雇用する人員はセールスマネジャーに半数、残りを渉外やミドルオフィス、バックオフィスといった部門にそれぞれ振り分ける。今後特に支援を強化する業種は、消費、製造、ハイテク、物流、エネルギー、不動産の6分野を挙げた。

大湾区では、深セン支店を主導的な役割を担う支店に位置付けた。珠江デルタ西部の金融サービスの強化を目指し、広東省中山市に新たな支店を設ける計画もある。

葉中華圏担当CEOは、中華圏の2019年の経常収益と貸出の伸び率が前年を上回ると予想。中華圏の経常収益の5割を占める香港は既にクロスボーダー融資の需要が拡大しており、19年の貸出の伸び率も前年から横ばいを維持できるとの見通しを示した。

中華圏の18年の経常収益は前年比で15%増加し、伸び率は地域別で最大だった。中華圏の同年の貸出は24%増加した。


関連国・地域: 中国香港マカオシンガポール
関連業種: 金融雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

商社ノーブル、LNGとレアアースに注力(19:16)

キャセイの7月旅客4%増、デモ影響は軽微(21:21)

GDP予測、引き下げ相次ぐ 外資金融、通年でマイナス成長も(08/22)

香港の英領事館職員を拘束、中国(08/22)

深センと香港、経済・人材など4分野で競合(08/22)

科技大、スタートアップ支援基金を設立(08/22)

小反発、本土不動産銘柄に買い=香港株式(08/22)

SFCとICAC、金融犯罪対策で協力強化(08/22)

上場企業秘書役の資格条件、緩和案が物議(08/22)

7月の訪日香港人4.4%減、再びマイナスに(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン