• 印刷する

テイクオフ:国民党の呉敦義党主席(…

国民党の呉敦義党主席(党首)がこのほど、2020年の総統選に出馬しない意向を表明した。やはり人気のなさがネックになったのだろう。それはSNSからもうかがえる。

台湾の政治家はSNSを積極的に使って支持者に呼び掛ける。おなじみ韓国瑜高雄市長は、フェイスブックの毎回の投稿に寄せられる「いいね」がなんと数万規模。一方の呉氏はというと、数百程度だ。1月に韓氏が「ラブレター全書」の出版を企画した際、呉氏も自身が推薦する必殺のプロポーズ文句を投稿してみせたが、こちらのいいねも200に満たない。

呉氏は先ごろ新北市を訪れた際、同じ党で出馬の意思を表明済みの朱立倫前新北市長の地盤に足を踏み入れたのではと記者に問われ、「私は元行政院長だ。それを言うなら、中華民国が私の地盤だよ」と回答。だが、その大きな地盤は自身が思うほど堅くなかったのかもしれない。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近くでオープンした店の…(04/24)

開拓者、90年代から根を張る 看見カンボジア(1)躍動、台湾企業(04/24)

エイサー、高齢者向けタブレット事業で成果(04/24)

上奇がデジタル印刷強化、マレーシアに新会社(04/24)

太陽電池の益通が生産停止、市況低迷受け(04/24)

3月のスマホ販売台数、前月比6.7%減(04/24)

和泰・裕隆、自動車大手2社で計600人採用(04/24)

日立、永大機電への出資比率を4割に引き上げ(04/24)

布職布の南六、ベトナム工場建設を計画(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン