人民銀の金融政策会合、政策間協調に傾斜

中国人民銀行(中央銀行)の金融政策委員会は12日開いた四半期定例会合で、中国経済の現状を基本的に良好と分析する一方、深刻な問題が依然として部分的に存在している上、世界の経済・金融情勢が錯綜(さくそう)し複雑なことから、不確実性は依然として大きいとの認識を示した。…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、中国は3カ月連続2位(11:52)

首都公共バス、中国製連節バス21台を運行へ(13:41)

8月の対中輸出、6割増 北部同盟の襲撃後もなお勢い(10/17)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】一帯一路の自動車生産(10/17)

住宅・土地政策に焦点 施政報告、社会の不満解消へ(10/17)

テイクオフ:オフィス近くの日本料理…(10/17)

東海岸鉄道、26年完工に順調 マレー半島東西の格差解消へ(10/17)

【アジアインタビュー】 アジアに未来あり、アイリスオーヤマの大山晃弘社長(10/17)

燃料電池車の補助金に消極的 財政省、「依存症」弊害を懸念(10/17)

みずほ銀が予算セミナー「投資誘致に力点」(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン