• 印刷する

ダイハツ、1~3月の小売り台数は2%減

ダイハツ工業のインドネシア現地法人アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は15日、1~3月の新車販売台数(小売りベース)が、前年同期比2%減の4万7,490台だったと発表した。市場シェアは18.3%。

ADMによると、政府推奨の低燃費小型車「ローコスト・グリーンカー(LCGC)」適合車で、7人乗りのエントリー多目的車(MPV)「シグラ」が1万2,834台で、ADM全体の27%を占めた。

1~3月の卸売り販売台数は2%減の5万699台だった。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

重機大手、デジタル化を加速 アフターサービス強化で競合対抗(09/20)

日産自動車、半年以上前に一部工場を閉鎖(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

中銀が5.25%に利下げ、3カ月連続(09/20)

容疑者認定の青年・スポーツ相が辞任(09/20)

第2チカンペック高速道、10月から試験運用(09/20)

運輸省、自家用車の排ガス検査を義務化へ(09/20)

ガルーダ、航空貨物のプラットフォーム開設(09/20)

西ジャワの経済特区開発に日系誘致=州知事(09/20)

バンドン高速道、土地買収遅れ着工に影響(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン